月経前症候群が起こる理由

生理前というのは、多少なりとも誰もが不快な症状を感じるものです。ですが、月経前症候群の症状には個人差があります。また、月によっても症状が異なる事があるでしょう。
そういった違いが出るのは、月経前症候群が起こる理由が関係しているからではないでしょうか。しかし、実は月経前症候群が起こるはっきりとした理由が分かっていないと言います。ですが、女性ホルモンが何らかの関係があるとは言われているようです。
女性ホルモンというのは、エストロゲンとプロゲステロンという二つがあります。これらのバランスが崩れる事が、月経前症候群の大きな理由となっていると言われているのです。特に、月経前症候群が起こる時期に分泌が多くなるエストロゲンのバランスが大きく作用していると考えられます。
では、女性ホルモンというのはどうしてバランスが崩れるのでしょうか。それは、生活習慣が大きく密着しているようです。喫煙、飲酒、夜遊び、カフェイン摂取、栄養バランスの悪い食事等が考えられます。
食事のバランスをよくし、冷え性などを改善すれば、月経前症候群の対処となるという人もいます。残念ながら、理由がはっきりしていないため完全に治る薬というのはありません。月経前症候群の症状を自分が把握し、上手に付き合っていくことが大切のようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事